古き良き日本を知る旅行も良いでしょう

日本人の旅行スタイル、年々変わって来ているようです。

古き良き日本を知る旅行も良いでしょう

日本人の旅行スタイル、年々変わって来ているようです。昭和の時代に流行った旅行は、とにかく有名観光地へ直行し、その雰囲気を味合うことで、満足をしまっすぐ帰宅すると言った余裕のないものが多く見られました。初めて遠くまで行く旅行が多く、まだ旅を知る余裕もなかった時代なのかも知れません。ですが時間を追うにつれ、だんだん旅行上手になって来たと考えられます。それは、有名観光地へ行くだけでなく、穴場探しを含め、普段あまり行かないような場所へも、足を伸ばす旅行も多くなっているからです。

そこには、時間の制約を受けない個人旅行のスタイルが充実して来たとも言えると考えられます。またレンタカーなどを使い、ゆっくりとした観光を楽しみ人も増えたことも、いろいろな場所を知る結果に繋がっているのでしょう。そんな歩き方の代表例が、古き街道を行く旅ではないでしょうか。中山道を時間をかけ、旅をするなどバブル時期には考えられない旅程だったと言えるはずです。昔の宿などを歩く旅行などは、時間も静かに流れるものと思われます。

大きな温泉地、有名なテーマパークへの旅行も楽しみの一つです。ですが、古き良き日本を知る歴史の旅も捨てがたいものではないでしょうか。若い人には、興味が薄い旅行かも知れません。ですが実際に足を伸ばしてみると、その大きな価値に気づくものと考えます。
Copyright (C)2019古き良き日本を知る旅行も良いでしょう.All rights reserved.